BLOG店主日記

吉野桃李(萩)

萩の夢幻。

吉野さんのうつわは、一枚の薄いヴェールを被ったように、ふわっとした趣がある。

ふんわりとやさしい色合い。ナリも、エッジを効かせるというよりは、角を落としていくように、柔らかく作られている。そのような作行からうける印象だろうか。

存在としては確かにそこにあるのに、夢幻かのように、空間に浮かんでいる。

焼きものなのに、なぜか、そんな軽やかな存在感をもっている。

萩焼はもともときれいなものを作る伝統があり、吉野さんの作品も、幾分かは、そのような伝統から説明もできるかもしれないが、それにしても。

だから、これは萩焼がもつ可能性の更新でもある。もっといえば焼きものそのものの。

吉野桃李の作品が持つ淡さ。枯淡ではなく、もっとやさしく温かみのある淡さ。

ものとしては全然ちがうけど、後期李朝のような、そんな透明で、寡黙な淡さがある。

この寡黙さは、そのままうつわの大きさでもある。

来るものは拒まず、去るもの追わず。

吉野さんのうつわは何を載せても動じないだろう。そして、載せられたものを一歩引いて眺めるだろう。

毘盧遮那仏が人間を眺めるように、われわれとは生きる時間が違う、そんな気配をもつ作品。

あなたがもし吉野桃李の作品をまだあまり知らなかったら、これらの理解は、徐々に、少しづつ訪れるだろう。

枇杷色の萩は毘盧遮那の夢を見るか?

1965年 福岡に生まれる
1986年 有田窯業大学校卒業
1986年 12代坂高麗左衛門先生に師事
1996年 独立
2000年 渋谷東急百貨店で初個展。以後全国で個展、グループ展開催
2001年 西部工芸展入選(以後7回入選)
2007年 萩陶芸家協会展 萩陶芸家協会賞受賞

坂倉正紘(萩、長門)

山口県長門市三ノ瀬の地で、萩焼の祖・李勺光より350年あまり続く坂倉新兵衛の次期当主。

そのような長い伝統を持つ家を継ぐものとして、坂倉正紘の発する言葉からは次世代の萩を背負う、というごく自然な気概がうかがえる。その重責はしかし、重荷でもなく、あえて反発するものでもなく、ただそういうものとして、受け入れているかのようにみえた。

ただ、坂倉新兵衛という歴史ある名を継いだときに期待されるものと、坂倉正紘という陶芸家の志向には、もしかしたら、いくらかのずれがあるのかもしれない。

萩では伝統的に大道土、見島土、金峯土をつかう。これらが萩焼らしいうつわの特徴をつくるのだが、坂倉正紘さんは窯場の近くで掘った土を混ぜたりする。作品づくりの根底に、土への強い思いがある。御用窯としての伝統を持つ萩には似つかわしくないような、野性味ある土味。土と対話し、土のなりたいものをならせるという、自分の「手」よりも素材の声に重きを置くという作陶態度。(もちろん、ご覧いただけるように、「手」もめっぽうすぐれていることは言うまでもない。)

美しく洗練された形に閉じ込められた荒々しい土の記憶。琥珀に閉じ込められた太古の生物。

萩の、由緒正しき家柄を引き継ぐものとしての矜持。萩という歴史の重み。そのことはきっと十分すぎるほどに認識しながら、しかし坂倉正紘はもっと遠く、あるいは深いところを見つめているように思う。

それは悠久の時間であり、土を生み出した大地の時間の積み重なりであり、そしてそれら隠されたものが露出して姿を表すエロティシズムだ。

土という素材が持つ膨大な情報量とダイナミズムを、火によって揺るぎないかたちに一瞬にして閉じ込めていく。そう、坂倉正紘の作品は、生きる土の姿を、窯という写真によってその一瞬を切り取ったかのようだ。それくらい生々しく、しかし同じくらい静かで固定されている。蠢くものは薄皮一枚隔てて大地の脈動を響かせ、現世に降臨しようとその時を待ち構えている。

1983年
山口県長門市に生まれる
2009年
東京藝術大学及び同大学院彫刻専攻 修了
2011年
京都市伝統産業技術者研修 修了
2017年
明日への扉(CSディスカバリーチャンネル)出演
2019年
ブレイク前夜(BSフジ)出演
2019年
現在形の陶芸萩大賞展Ⅴ 佳作
2020年
初個展(新宿柿傳ギャラリー)

谷穹(信楽)

信楽で作陶されている谷穹さんの工房の隣には、お祖父様が蒐集された古信楽の壺がたくさん収蔵された展示室があります。骨董商を営んでいたとはいえ、個人が集めたとは思えないその量と質は驚くべきもので、公のもの含め、古信楽のコレクションとしては国内でも群を抜いています。そのような優れたコレクションに囲まれて育ったからか、谷さんの古信楽に対する情熱と考察は比類なきものです。

近現代の信楽焼と古信楽は何かが違う。では何が、どのように違うのか。谷穹さんはその違和感に蓋をせず、透徹した眼で観察し、そして実際に窯焚きしながら検証していきます。谷穹さんの作品にあって、なんとなくのフォルム、偶然の窯変というものは、存在しません。谷さんは自身の研究によって、窯変も計算し狙って出せることを体験しているからです。古信楽に関する研究がほとんどされていない状況で、谷穹は独り、古信楽を「正しく」現代にアップデートする作業を行っているのです。

また谷さんといえば壺。

食器や茶道具は、それを使ってはじめて立体化する=活かされるという部分があります。

つまり何かを入れるものとしての「器」は、何かを入れてこそ、使ってこそのもの。

対して、壺というのは、もちろん貯蔵などの実用性が付与されるという側面はありながらも、それはどちらかといえば二次的で、(この反転は歴史的にいつ頃から発生したのか、あるいはもともとそのような感覚を与えるものとしてあり続けたのか)その意味で、壺は「器」であって器ではないと思います。

壺をつくる作家が、壺に魅せられているのも、まずもって壺の持つこのような自立/自律性に孤高の美を見いだすからなのでしょう。


要するに壺は、使うものとの親密な関係性を結ぶことを目的とせず、生活の中にありながら、生活における他者として存在し、わたしたちを眼差している。

壺とわれわれの間には冷厳たる隔たりがあり、それゆえにこそ美しいのだともいえます。だから壺は人が作りだすもののなかで、最も「自然」に近いのではないでしょうか。

壺が魔力や霊力を持つもみなされるのも、他者性をはらむ自然そのものとして、自立しながらわたしたちのそばに現れるからだと思います。

それゆえ、壺は危うくもある。壺は永遠にその本質を表さない謎として存在し続け、壺を語る言葉も、その表面を撫でるだけで、決して本質を掴まえることができない。

壺が「分かる」というのは、もしかしたら禅が「分かる」というのに似ているのかもしれません。不立文字の壺。答えではなく、問いとして表れるかたまり。Q。

谷穹さんの作品は、無益と知りつつも、その謎を解き明かしたくなるような魅力を持っています。

もちろん、言葉は要らず、ただ傍らに置いておくだけで十分なのですが。

1977年 滋賀県信楽出身
2000年 成安造形大学 立体造形クラス卒業
2007年 双胴式穴窯 築窯
2012年 穴窯 築窯

山口千絵(螺鈿、漆芸)

螺鈿でつくる祈りのかたち。

子供の手のひらに収まるくらい小さなほとけさま。山口さんは小さなものがお好きなのです。

円空仏が好きで、螺鈿が好きで、ならば、と螺鈿でほとけさまを作りはじめたという。

漆工、螺鈿というとても地味で手間のかかる作業(おまけに材料も高い)。それでも作り続けるのは、想いと願いがまっすぐに強いからでしょう。

山口さんの拵えるほとけさまは、どれも、かわいい。とってもちいさい。単純な線でデフォルメされたかたちと顔。

しかし不思議とゆるくはない。

なぜか。それは、線のまったくの確かさであり、かわいさがそのまま尊さと結びついているからです。

愛らしいものを作り上げるという行為のうちに、切実な祈りがこめられていると感じます。自身の根っこの部分で、自分が生きていくうえで必要不可欠な存在として、そのかわいさが、ものとして具現化されている。だからこそ、愛らしさ、可愛さのなかに芯のある重みがある。そして〈可愛さ・即・尊さ〉を担保するものとして、単純だけれども揺るぎない削ぎ落とされた線の存在がある。

これだけ単純化された線のうちに、これだけの表情や情感、情景、匂い、空気感、それらが鮮明に息づいている。つまりゆるくないのは当然で、むしろこの線は、これ以上足しても引いても全体が崩れてしまうような、緊張感のあるバランスの上に成立している。

こうした線の研ぎ澄ましはしかし、線の巧みさから生み出されるモチーフの可愛さ、表情の可愛さによって、見るものに不要な緊張感などは与えない。実に心地よいリズムが形成されている。大きく派手に壁に掛ける絵画ではなく、ごく小さなスペースがあれば飾れてしまう美術品として、強度を持っている。

なにか一心不乱に、鬼気迫る形相の仏を彫る。それもまた一つの切実な祈りではありましょうが、この、何気ない掌篇の美における、確かな、やさしい祈りの形にも、同等の気魄が満ちていることは見過ごし得ないでしょう。

国家護持の仏でなく、野辺の仏。

民草のささやかな願いを受け止める仏。

わたしたちの暮らしを静かに見守る仏。このかわいさそのものがまさにご利益であるかのように。

山口千絵

1988年奈良県生まれ。

2011年京都精華大学プロダクトデザイン学科卒業

京都の家具製作所にて木工の修行の後、漆教室に通いながら螺鈿の制作を始める。

竹下鹿丸(陶、益子)

辺境の南蛮。辺境の白磁。

益子の土は焼締めにはあまり適してないという。だが、鹿丸さんは、益子とその周辺の土で、焼締めのうつわをつくっている。

それだけ聞くと酔狂にも思えるが、作品を見てみると、説得力がある。複雑な窯変は、しかしギラついていなく、静けさがある。それでいて、食欲が湧いてきて、料理を盛り付けたイメージが膨らんでくる。使い手をそんなふうに触発してくれる実際的な作用を持つ。

合計6日間にも及ぶ窯焚き。その間、うつわを熾に完全に埋め、熾を減らして火に当て、また熾に埋めるというのを3回繰り返す。薪も、様々な種類の木を使い分ける。どの薪をどんなタイミングで入れるか、それによって窯変をコントロールもする。

そうした多大な労力と緻密な計算により、鹿丸さん独特の焼き上がりが完成する。

鹿丸さんは焼きものの一大産地としての益子には特別な思い入れはない。同時に他の産地の焼締めや古作に憧れているわけでもない。けれども自分の作品における理想は確固として持っている。

益子で、その土地の土で焼締めや白磁をやるというのは異質であり、だからこそ、そこに鹿丸さんの核心があるように思う。というか、益子という土地と、良い具合の〈距離感〉で付き合うことができている鹿丸さんの生き方(作品づくり)は、わたしたち作品の受け取り手からみれば、恩寵のようにさえ感じられる。

益子という土地(土)なくして鹿丸さんの作品は存在しない。しかし、益子という土地に「へばりついている」というわけではない。益子焼という伝統の枠外で、しかし、確かに益子でしか出来ない作品を作っている。

1977年 益子町生まれ
1996年 茂木高校卒業
1998年 県立窯業指導所卒業
2000年 穴窯を築く
2002年 第4回益子陶芸展で審査員特別賞受賞
2005年 益子陶芸美術館で竹下鹿丸展開催
2006年 第6回益子陶芸展入選

斑唐津 (『陶説』666 )

圧倒的に、本を整理している。広告の多い雑誌類はスクラップブックにし、一般的な書籍はスキャンピーで電子化して、家にある本の質量を減らしている。

その一環として、陶説も、適度に整理する。陶説はこのブログでかいつまんで記録することにした。まあ自分用のメモであるので、このエントリはご笑覧ください、の類である。

斑唐津(白唐津)。

酸化焔→ピンク、中性焔→白。

(彫唐津は巌が好き。)

斑唐津釉は2系統ある。その1:朝鮮半島系。咸鏡北道。かや、すすき、などの茅灰釉。伊万里市松浦郡の藤の川内茅の谷系の斑唐津は朝鮮半島由来。鍋島直茂(1538-1618)の朝鮮出兵で咸鏡北道明川郡の陶工を連行した。彼らはその後伊万里市松浦郡の藤の川内に移った(『葉隠聞書』)。焼成温度は1180℃。その2:中国系。中国南部地方。藁灰釉。北波多、帆柱系はこちら。中国興安県厳関鎮に出土したものが、岸岳系古唐津のものと似ているらしい。松浦水軍がここから陶工を連れ帰り、帆柱を開窯したらしいが、地図をみるとかなりの長旅である。焼成温度は1350℃。

朝鮮系はガラス成分が少なく、媒溶剤が多い。中国系は逆。その違いが焼成温度の違いとなっている。


1587年、秀吉が九州平定。

1588 岸岳城主 波多氏 対秀吉用に陶器生産に本腰をいれる。波多氏は秀吉による島津氏の討伐には兵を派遣せず、秀吉の印象は悪かった。しかし、朝鮮出兵を考えていた秀吉にとって、拠点地である名護屋の支配者である波多氏の利用価値を認めた事や、鍋島直茂の取り成しもあり、形式上、豊臣氏の直臣となった。ただ、この後も波多親はマイペースな独断をやらかし続け、最終的に秀吉から見捨てられる。

1594 波多氏がいなくなり、陶工も散り散りとなる。陶器生産は佐賀県南部に移る。また、朝鮮出兵(1592-93,97-98)により連行した陶工が増え、伊万里、武雄、多久、有田など広域で陶器生産がはじまる。

1591-1615(慶長年間) 織部の台頭により、唐津も織部の影響をうける。絵唐津の流行。

1615 織部切腹。以後、絵唐津は廃れ、無地になる。このころ磁器生産がはじまり、三島や二彩唐津が主となる。輸出もされる。胎土目積みから砂目積みとなる。叩き成形の水指は1610年代をさかいに、みられなくなる。鍋島家は宇治の上林から茶を仕入れていたが、1620年頃の記録に唐津叩き成形の茶壺が上林に数多く届けられたとあるから、茶壺はつくっていたらしい。

1637 窯場整理。

1650- いろいろ。献上唐津など。幕末まで。


金原陶片の狂気に田中丸が出会う。田中丸、古陶磁研究会を発足。週一で玉屋の会議室で勉強する。

金原は蒐集品の箱書きに「名称」「寸法」「焼成した窯とその所在地」「焼成時代」「書付年」「雅号」を記した。

田中丸、光悦会理事となる。崇福寺に宗湛庵をつくる。

「わたしは名器であればあるほど、毎日の生活のなかで味わってみたいと心がけている。」


褐釉印花文の製品は武雄南部の窯で焼かれた。

今井麻美子 ゆらすかおり展 香について

離岸オリジナルの香の原料についてお伝えいたします。

線香

花摺(はなずり):シャム沈香、タニ沈香、龍脳、丁子、桂皮、山奈、甘松、藿香、排草香、乳香、うこん、椨粉

糸遊(いとゆう):老山白檀、龍脳、丁子、桂皮、山奈、甘松、藿香、排草香、極上安息香、うこん、椨粉

禿(かむろ): シャム沈香、タニ沈香、老山白檀、龍脳、丁子、桂皮、大茴香、山奈、甘松、藿香、排草香、粕白檀、零陵香、乳香、安息香、うこん、椨粉

匂い袋

花摺(はなずり):老山白檀、新山白檀、龍脳、丁子、桂皮、大茴香、山奈、甘松、藿香、排草香、乳香、うこん

糸遊(いとゆう):老山白檀、新山白檀、龍脳、丁子、桂皮、大茴香、山奈、甘松、藿香、排草香、乳香、極上安息香、うこん、吉草香、粕白檀

禿(かむろ):老山白檀、新山白檀、龍脳、丁子、桂皮、大茴香、山奈、甘松、藿香、排草香、乳香、安息香、うこん、吉草香

※線香と匂い袋の香りは、方針と名称は同じですが、香りは異なります。

練香


中黒(interpunct):シャム沈香、タニ沈香、龍脳、丁子、桂皮、大茴香、山奈、甘松、藿香、排草香、乳香、うこん

文香


葛の葉(くずのは):新山白檀、龍脳、丁子、桂皮、大茴香、山奈、甘松、藿香、うこん、吉草香

金烏玉兎(きんうぎょくと):新山白檀、龍脳、丁子、甘松、藿香、排草香、吉草香

三月の水(さんがつのみず):老山白檀、新山白檀、龍脳、丁子、桂皮、大茴香、山奈、甘松、藿香、排草香、粕白檀、うこん、吉草香

埋レ木(うもれぎ):老山白檀、新山白檀、龍脳、丁子、桂皮、大茴香、山奈、甘松、藿香、粕白檀、うこん、吉草香

美意識

茶の湯の作法ってのは美意識ってことですよね?

礼儀ではないと思うんだよなあ。

加湿器

乾燥の季節、加湿器の季節。

クラヴィコードの過乾燥をふせぐためにも、加湿器は欠かせません。

加湿器はとにかく手入れが面倒で、頻繁にやらないといけないのが大半で、数年前に加湿器というものを使い始めたときから、手入れが簡単、ということを基準に選んできました。

結論から申しますと、性能、手入れの楽さなど総合してダイニチのものが最高です。

一番カンタンなのは象印などの湯沸かしタイプ。しかし電気代と有効面積?がネック。

つぎはVenta。 ダイニチに出会う前にはベンタを使っていましたが、ベンタは一度日本から撤退し、消耗品もいつまで続くかわからないといった状況でした。撤退というか、代理店が本国から契約を解除され、その代理店も事態に混乱している様子で、先行きが不透明だったため、すてました 。

デザインや製品の思想は気にいっていたので、大変残念でした。しかしベンタ、最近調べたらなんか復活してましたね。

ベンタかダイニチかという選択ですが、今年ダイニチが手入れ不要の使い捨てフィルターを発売!!!!

これとかんたん取り替えカバーの併用で、シーズンを通してほぼメンテナンスフリーになったので、これはダイニチを継続するしかないという考えです。

内部のフィルターを洗わなくていいのは、決定的に楽です。

もう2週間ごとのクエン酸(と重曹)の儀式から開放されたのです。

というわけで加湿器のおすすめはダイニチのものです。

法華経

雨曼陀羅 曼珠沙華 栴檀香風 悦可衆心

-序品

この経を受持し、若しくは読み、若しくは誦し、もしくは解説し、もしくは書写せば、八百の鼻(び)の功徳を成就せん。この清浄の鼻根を以て、三千大千世界の上下・内外の種々の諸の香を聞がん。曼珠沙華の香、しゃだいけの香、まつりかの香、贍葡華の香、はららけの香、赤蓮華の香、しょうれんげの香、白蓮華の香、かじゅの香、栴檀の香、沈水の香、多摩羅跋の香、たからの香、及び千万種の和香の、もしくは抹れる若しくは丸めたる若しくは塗る香を、この経を持たん者は、此間にとどまりてことごとく能く分別せん。また、衆生の香、象の香、馬の香、牛羊の香、男の香、女の香、童子の香、童女の香、及び草木叢林の香、若しくは近き若しくは遠きあらゆる諸の香をわきまえ知り、悉く皆聞ぐことを得て分別して誤らざん。

この経を持たん者は、ここに住すといえども亦、天上の諸天の香をも聞がん。パーリジャータカの花、コーヴィダーラの花、マーンダーラヴァの花、マハー=マーンダーラヴァの花、マンジューシャカの花、マハー=マンジューシャカの花、天上の沈香、栴檀の種々の抹香・諸の雑華の香、かくの如きの天香の和合して出す所の香を、かぎ知らざることなからん。又、諸天の身の香をかがん。五欲に娯楽し嬉戯する香り、忉利の諸天のために説法する香り、遊戲する香り、男女の身の香りを悉く遥かにかがん。

是人鼻清浄 於此世界中 若香若臭物 種種悉聞知

-法師功徳品

清浄な鼻は、衆生の匂いを知り、人々がどこにいるかを知り、大地に含まれた鉱物を知り、宝石や衣装や化粧品を知り、立っているか、座っているか、愛欲の楽しみに耽っているか、神通力を備えているか、すべて嗅覚によって知る、とある。

山林に入り、そこにどんな生き物がいるか。

妊婦の胎児の性別、流産するかしないか、分娩時の苦痛はあるかないか。

人の性格、情熱的だとか、悪意があるとか、偽善者だとか、心が平静であるとか。

あらゆる事柄を、匂いによって知ることができると、書かれている。

いわば嗅覚は第六感のようなもので、非言語的な情報を感受する器官だともいえる。

ふつう人間は、日常生活の中で、そこまで嗅覚を研ぎ澄ませることなく(=その能力を発達させることなく)生活するので、能くわからないが、嗅覚を鍛えるというのは、人が無意識のうちに取りこぼしている情報にアクセスできるということである。そうした鋭敏な感覚は、現代社会にあってはむしろ不都合なことも多いから、嗅覚は鈍磨させておいたほうが、むしろ都合がいいのかもしれない。

けれど、その鈍磨しきった嗅覚が、複雑で奥行きのある香りを嗅ぐことで知らぬ内に鍛錬されると、そこにはまた別の楽しさが待っている。

匂いが人の心理・情動に与える影響はかくも大きい。嗅覚はもっともケモノに近い感覚器官であり、人の本能を刺激し、揺さぶる。

だからこそ、日々他人との密な接触にさらされる私達は、匂いを消し、匂いを隠し、匂いを別の匂いで覆うことで、なんとかどうしようもなく揺さぶられる本能と折り合いをつけている。匂いを楽しむよりはむしろ匂いに蓋をすることで匂いと付き合っている場面も少なくない。

そのような消極的な匂いとの付き合いではなく、積極的に匂いを楽しむことといえば、香水である。

香りを纏うことは、衣服もまとうことよりも一層繊細な作業で、かつその人の欲望を表してもいる。

香水には様々な種類があるが、そのどれもが西洋で発達したもの(をベースとした文化)であるから、その文化外の文化を知るものからすれば、強いと感じることも多々ある(香水ではつける場所も肝心だが、安易に手首などに付ける人も多いのかもしれない、すれ違いに辟易するのは、匂いの安っぽさとはべつに、付け方の問題もあるだろう)。

ゆらすかおりの香は、香水のように、あるいはアロマのように、強くはない。むしろ儚く、やさしい。

その弱さにこそ、幽玄が宿る。

香りに陶酔するのではなく、香りによって心が整えられる。刺激やエロスはあくまでその静寂のなかに包まれている。だからその「弱さ」は退屈ではなく、むしろ焚きしめるたびに新たな発見があるような奥深さがある。

ゆらすかおりを紹介するときに難しいのは、いかに人々の「お香」のイメージを覆せるか、ということに尽きる。

それは製法からしてその他の市販のものとは全く違うし、今井麻美子の調合の術もある。

ゆらすかおりは香水、お香とは別の第三のカテゴリといってもよいくらいだ。

まあ騙されたと思って、一度使ってみてほしい。としか言えない。

なにせ体験しないとわからないものなのだ。